価値を生み出す男

★無料レポート【第2弾】★ついに公開!!

42歳でリストラ&ゲーム音痴のクーが、ゲームせどり4ヶ月目で
まさかの月商740万を達成!!

レポート第2弾は「ゲーム周辺機器せどり」です。価格が安定していて、高利益率。ゲームせどりで稼ぎたいなら必見です!!

→《無料レポート》今すぐダウンロード←

※この無料レポートをダウンロードされますとメルマガ発行者のクーにより、メルマガ名「【740万せどらー★クー】最短・最速で人生を激変させる個人商店せどり術」に代理登録されます。



2018年12月21日

価値を生み出す男




「わくいえみ」と「たけいえみ」を間違えがち。


どうも


せどり師★クーです。



製作費ウン十億円を注ぎ込んだような

大作映画は見ないんですが

先日、この映画を見てきました。


ダンボールアーティスト島津冬樹さんの


IMG_7972


「旅するダンボール」




学生時代にお金が無く、ダンボールで財布を作ったことから

ダンボールの魅力にハマり

大手広告代理店に入社するも3年で退社し

世界30か国を回ってダンボールを拾ってきた人のドキュメンタリー。



IMG_7976


入場時にもらえるこのダンボールが

ストーリーのカギになり涙を誘います。



一言で「ダンボール」といっても

無数のデザインがあり

そのデザインが生まれるまでのストーリーがある。


でもそんなことは意識されず

「物を運ぶ」という役目を終えればただ捨てられる。



「価値が無い」と思われるダンボールの

デザインに目を付け、手を加え


「世界にたった1つだけの財布」という

新しい価値を生み出し


見た人を「わぁ~、スゴイ!」と感動させる。



リサイクルでもリユースでもない

「アップサイクル」という概念。



なんかいいなぁ~。





せどりは、他人が作った物を

右で買って、左で売るダケのこと。


たまに思うんです。


「こんなことやってて何になるんだろ。。」って。



そう思いながらも

全国30都道府県で、お宝オモチャを仕入れしてきた。


2018y12m21d_144342333



島津さんとはスケールが違うけど

「旅するせどり師」とでも名乗ろうか。。